足立区で創業60年の工務店、清菱建設が建てた薪ストーブのあるモデルハウスの紹介
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 断熱

タグ : 断熱

子供が産まれて1年たちました

11月に長男が産まれて、1年が経ちました。 あっという間に、毎日が過ぎていったというのが正直な感想ですが、日々成長する子供の姿を見ていると、かわいいな〜と癒される気持ちと自分ももっと頑張ろうと励まされる気持ちが同時に湧い …

急に寒くなりましたが、家の中は暖かいです。

昨日、今日と朝の冷え込みがとても、辛いですね。 車のフロントガラスに霜が降りてました。 13日の明け方は、東京で初雪が観測されたようです。うちに設置してある測定器では、外気温は0.3度でした。(午前7時30分) 下のグラ …

断熱性能を向上すると得られる11の効果

断熱性能を向上させて、日射をコントロールすると、住環境が快適になります。 では、具体的にどのような効果が得られるか挙げていきましょう! 室内の温湿度環境が良くなる カビや結露が発生しにくい 天井と床の温度差がなくなる 廊 …

皆さんは家を建てるとき何を重要視して家づくりをお考えになりますか?

・大きなリビング ・使い勝手のよい間取り ・素敵なデザイン などなど、いくつも挙げられることだろうと思います。   敢えて1つを挙げるとすれば、「家族の健康」を挙げます。 生活の大半を過ごす場所ですので、住宅の …

睡眠の質をあげるには部屋の暖かさが関係しています

今日は、夕方から薪ストーブをつけました。夜には家全体を暖めてくれています。 薪ストーブのあるリビングの室温は、25℃です。 2階の寝室は、20℃です。 2階の寝室が一番薪ストーブから、離れた場所にあるので、やはり暖まるの …

「おじいちゃんのおうち寒くてヤダ〜」って、お孫さんに言われていませんか?

日経ホームビルダーの2月号を読み返していたら、「断熱リフォームが高齢者を救う」(松尾設計室代表 松尾先生が書いています。)という記事で、断熱リフォームについて書かれていたので、紹介したいと思います。 現在、日本の既存住宅 …

土地探し20坪以下の狭小地で快適な家を建てる方法(1)断熱・気密・換気

狭小地でも快適な家を建てることは出来ます。 住まいの快適性に必要なポイントは、 断熱性 気密性 換気 採光 通風 です。 まず、断熱に関して、きちんとした断熱計画をする必要があります。 ほとんどのハウスメーカー、工務店、 …

HEMS導入事例

簡単にできる断熱リフォームのお知らせ

今日は、壁を壊さずできる断熱リフォームの商品の説明を聞いてきました。 通常の断熱リフォームは、壁を壊して断熱材を新たに入れるのが一般的ですが、今回説明を聞いた商品は、今ある壁の上に施工することができます。 しかも、断熱材 …

家庭で1番多く使うエネルギーって何だろう?

生活をしている中で、私達は数多くのエネルギーを使用しています。 例えば、住宅で使用するエネルギーを挙げると、 暖房エネルギー 冷房エネルギー 給湯エネルギー 照明エネルギー 家電エネルギー 調理エネルギー が、挙げられま …

狭小3階建ての住宅ほど、断熱にこだわらなければいけない2つの理由

1.狭小地は、敷地条件が難しく、日射取得が少なくなりがちなので、少ないエネルギーで暖かさを保てる家でないと快適さを感じることができない。 2.狭小3階建ての場合、日当たりなどの関係上、1階納戸(もしくは、水廻り)、2階リ …

Page 1 / 212
PAGETOP
Copyright © 株式会社清菱建設 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.